役立つ情報

【見逃せない!】弱ったメンタルを強くする10の方法

こんにちは! たけち(@takechi0318)です〜!
今回は「メンタルを強くする10の方法」を簡単にお伝えできればと思います。

たけち
たけち
メンタルを強くする方法があったら知りたくないですか?

「もっとメンタルが強かったら挑戦するのに」

「もっと外交的だったら人の輪に入って話せるのに」

というお悩みをお持ちではありませんか?

この記事では、そんな一歩を踏み出せない皆さんのお悩みを解決します。

3分くらいで読めますし、自分のメンタルが劇的に改善される可能性が高いので、まずはご一読ください!

 

メンタルで成功することの要素の一つ

 

まず、最初に皆さんに謝らなくてはいけません。

この記事で

「もっとメンタルが強かったら挑戦するのに」

「もっと外交的だったら人の輪に入って話せるのに」

というお悩みを解決するといいましたが、このお悩みを解決することはできないんです。

 

性格で行動は決まらない

なぜなら性格で行動が決まるわけではない”からです。性格は、変わっていくものなのです。それも、行動によってです。

つまり、「メンタル(性格)が強ければ挑戦すること(行動)ができる」というわけではないのです。

挑戦すること(行動)でメンタル(性格)がどんどんと強くなっていくのです。

何度も言います。決して、性格によって行動が決まるわけではないのです。

行動を起こすことで、段々と性格が変わります。
この事実に向き合うことが、メンタルを強くするためにスタート地点です。

皆さんも、10個の『行動』によってメンタルを強くしていきましょう!

 

メンタルを強い状態とは?

 

メンタルが強いというのは、動じないということです。動じなければ、感情を安定させることができます。

感情が安定していれば、パフォーマンスが安定します。パフォーマンスが安定すれば生産性が安定してきます。生産性が安定すれば、成功に近づきます。

つまり、メンタルが強ければ成功に近づくということです。

 

メンタルを強くする10の行動

 

朝起きたら「今日は楽しい行動を選ぶように心がけよう」と考える

メンタルが弱い人は、朝起きた時にネガティヴなことを考えることがあります。朝にネガティブな事を考えるとIQが落ちて、認知能力が低下してしまいます。

なので、自分の意思でポジティブな決心をするように心がけていきましょう!

 

何かつらいことがあったら深呼吸をする

人間は呼吸によって、無意識にメンタルをコントロールしています。つまり、呼吸をコントロールすることによってメンタルを安定させることができるのです。

深呼吸すれば落ち着くと小さい時から、親や先生に言われてると思います。

でも実際にやっていますか?

おそらくしていない方の方が多いと思います。これを機に意識して、深呼吸をしてみてください。

また、行動と行動の間に深呼吸をすることをお勧めします。たくさん仕事がある時などはパニックになってしまいメンタルが安定しません。

そんな時は慌てずに深呼吸をしましょう。驚くほど効果が出ると思います。

 

寝る間にポジティブな出来事を思い出して紙に書き出す

その日あったポジティブなことを思い出し、その時の感情を思い出すことが大事です。

ベッドに入る前は、脳にそれ以降の情報が入ってきません。寝る前にポジティブなことを思い出すことで、良いイメージが記憶に強く刻まれるから前向きになるんじゃないかと言われています。

なので、寝る前は悩み事なんてしないで、ポジティブなことを思い出しましょう。

 

他の人に感謝の気持ちを表現してみる

感謝の気持ちは、共感能力を高めたり、人生の満足が高める効果があります。

たけち
たけち
何かに感謝することは大切なことなので、簡単でいいのでツイッターやブログに書いてみませんか?

継続していくことで自分がどんなことに感謝するのかもわかってきます。

 

祈るか瞑想を5分間する

瞑想は、20分〜30分くらいした方が良いと言われます。ですが、短時間の瞑想でも効果があります。

目の前のことが楽しくなかったり、過去のことを後悔してしまったりした時にたった10分間の瞑想をするだけでメンタルを安定させることができます。

瞑想とは注意力を1点に向けることです。目の前のことに楽しめる効果もあります。

 

寝る前にその日にあったことを書く

その日あったことで、どんな感情を抱いたかを書き出すことです。三つ目の書き出すことに似ていますが少し違います。ポジティブなこと以外のことも書き出すことが大切なのです。

自分の気持ちにぴったり合っているような言葉を理解することが大切です。

全部ひっくるめて書き出し、詳細に言葉にすることで、心地よい言葉を見つけることができます。

心地よい言葉は、きっとあなたの心の支えになるはずです。

 

ストレスを感じた瞬間に結果オーライだった体験を思い出す

「こんな戦略じゃ上手くいかないよ」と言われたときに、結果オーライだった経験を思い出してみてください。

「あの時も上手く行ったから、上手くいくだろうな。」とポジティブな気持ちになることができます。
ポジティブな気持ちは安定したメンタルに不可欠なものです。

ストレスを感じた時のために、結果オーライだった体験を記録しておくと簡単に思い出すことができます。

1日の中の30分を使って、自分を幸せにしてくれそうなものの写真をとる

1日30分間は“幸せ”に注意を向けましょう。

たけち
たけち
普段、自分を幸せにしてくれそうなものにちゃんと目を向けていますか?

自分が撮りたいものの写真を撮ることです。他人からの評価を集めるための写真ではありません。インスタで良くある女子の写真は、決して良くありません。

道に咲いてる小さな花や、ちょっと変わった形の雲。自分のことを幸せにしてくれるものを記録に残しておきましょう。辛い時に思い出したり見直したりすることできっと落ち着くはずです。

 

ネガティヴな思考を認め、受け入れ、それを乗り越えるための方法を3つ考えること

ネガティヴな思考を避けるのではなく、受け入れてそれに対抗できる考えを出すことで、強いメンタルを手に入れることができます。

ネガディブな気持ちになってしまう時は誰にでもあります。無理にその気持ちを押し込めるのではなく、その気持ちを認めてあげましょう。

ネガディブな気持ちもあなたの気持ちなのです。ちゃんと認めてあげてから解決策を3個考え、乗り越えていきましょう。

 

過去に自分を傷つけた人を思い出し許すように頑張ること

「自分も完璧ではないし彼/彼女にもきっとひどい過去があるんだろうな。」

「自分も言ったことをあるだろうし、しょうがないな。」

など、もし許せそうなことがあるのであれば、その状況を考えることです。

自分を傷つけた人を許すことはとても難しいことです。だからこそ、許すように頑張ることでメンタルを鍛えることができます。

もし許せそうにないなら、自分と同じ境遇を持っている人がいるしたらと仮説を立てて考えてみましょう。少しだけ許せるようになるかもしれません。

 

【相手の気持ちがわからない】相手の心を読み、気持ちを理解するため瞑想こんにちは! たけち(@takechi0318)です〜! 今回は、「相手の心を読み、気持ちを理解するため瞑想」を簡単にお伝えできればと...

 

以上でこの記事は終わりです。
メンタルを強くする10の方法は、実践することに意味があります。是非使ってみてはいかがでしょうか。

では、またどこかでお会いしましょう!!
ご相談や質問等はFB・Twitterにてお待ちしております。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

ABOUT ME
たけち
新卒で入った会社を10ヶ月で辞めてフリーランスの道へ。 ちょっとだけ社会に役立つ情報や僕の考え、幸せを創造していきます。 自由気ままに綴っている雑記ブログを運営中。 ご依頼は「初めて訪問された方へ」まで