キャリア

【知識・技術を習得!】新しいことを身につける方法と考えるべきこと

こんにちは! たけち(@takechi0318)です〜!
今回は、「新しいことを身につける方法と考えるべきこと」を簡単にお伝えできればと思います。

たけち
たけち
新しいことを身につけるとはどういうことなのか?

周りを見渡してみると上達が早い人と遅い人がいると思います。

その差は一体なんなのか。みなさんも一度は、気になったことがありますよね?(笑)

ただ調べてみると、実際に何かをやってそれが他のことに活かせるかどうかは怪しいです。
例えば、オセロ、将棋、チェスなどが強い人は賢い”や”論理的思考があると認識しやすいですよね。

ただそれは、他の論理的思考を使うものに活かせるかという観点でいけば、そうじゃないということです。

 

新しいことに身につける時の状態

 

新しいことをしようとすると最初にまず、たくさんの情報を処理しなくてはいけません。ということは、処理能力あげる必要があります。

簡単にいうと自分の中にある、処理能力ができる机を広くさせるということです。これはすなわち、頭にある短期記憶能力を上げるということですね。

 

短期記憶能力とは

記銘後、数十秒から数十分という短時間保持される記憶。保持できる量は少ないが、この時間内では想起や復唱が可能。新しいことに挑戦するときは、この短期記憶をうまく使い、処理能力を上げることを意識することがカギになってきます。

 

新しいことを学ぶためのコツ

最初に何かしようと始めるときは、怖いし不安に感じることってありますよね。

現実には、鉄のように固まって動かない足をなんとか一歩踏み出そうとするも思ったより動けない自分。

僕も昔はそうでした。周りと一緒のレールを走り、目立たないように生きてきました。

今でこそ、1人でイベントに参加したり、物事に積極的に取り組んだり、会社辞めてみたりと踏み出したことをしていますが最初からこんな風だったわけではありません。

なので、まずは自分が怖い状態にいる・不安な状態にいると認識・意識することが学ぶためのコツです。

 

ワーキングメモリを向上させる

 

ワーキングメモリとは

会話や読み書き、計算の基礎といった、わたしたちの日常生活や仕事、学習を支える重要な能力とされているものです。認知心理学において、情報を一時的に保ちながら操作するための構造や過程を指す構成概念です。作業記憶、作動記憶とも呼ばれています。

 

ワーキングメモリが使えていない人の特徴

  • 「忙しい、時間がない」と言い訳をして作業効率が悪く、仕事ができない
  • 仕事一つ一つに対して完結させず中途半端になっている
  • 物忘れが多い

日々の生活でも情報を処理できず、様々な問題や課題に直面している人たちです。

 

具体的な解決方法

  • ポジティブに物事を考える
  • メモをする
  • 頭の中でイメージをする
  • 思ったことを書き出す
  • 無意識下でもできるくらい慣れる

 

簡単に知識・技術を習得する

ベアフット・ランニング

ベアフット・ランニングは、周囲の環境や身体との深いつながりを感じることで、さらに気持ちよく、記憶に残るものになるのです。

 

裸足に近い状態で歩くこと

裸足で歩くと姿勢が良くなります。姿勢が良くなると様々な効果が出てきます。

 

早歩きの散歩をすること

早歩きを20分するだけで、ワーキングメモリが向上します。通勤の際やちょっとした買い物に行った際にも使えるのでおすすめです。

 

ブルーライトを浴びること

ブルーライトとは、パソコンやスマホなどの液晶から出る波長の短い光のことです。日中にブルーライトまたは直射日光を30分以上浴びることです。

瞑想すること

1日20分以上の瞑想でワーキングメモリーが向上します。

 

エクスプレッシブ・ライティング

エクスプレッシブ・ライティングは、筆記開示です。仕事が終わった時や寝る前に自分がその日に感じたことや自分が感じている感情をひたすらノートや携帯に書き込むことです。

8〜20分くらい毎日することで効果があり、メンタルを安定にさせてくれたり、眠りやすくしてくれます。

 

リコンソリデーリレーション

たけち
たけち
新しいことをするためには、繰り返し繰り返しやりなさい!

と昔に僕も母から言われたものです。

ただ、これは本当に正しいやり方なのか?

そう思い調べてみると、、、実際はこのやり方は、効率悪いんです!

正しくは、同じ練習を少しづつ変化させていくことです。

ピアノや音楽であればテンポを変えてみたり、英語だと言い回しを変えてみたりと少しの変化をもたらすことで、記憶されたり上達に繋がります。

そうすることで、スキルの上達が2倍ほど上がるそうです!

ポイントは、ちょっとアレンジしたりやり方を少し変えたりしてみるということですね。

 

新しいことを身につけるときに大事なこと

 

最初の高い壁を乗り越えるためには、メンタルが強くなければいけません。抵抗感や習慣づけされていないことに取り組むということは、それを支えられる処理能力が必要です。

まずは、自分の”机”を広げるところから始めることになります。

少しづつ意識して自分の机(キャパ)を広げていくことが重要になってきます。

 

【目標の立て方】目標設定で大事な5つの条件とコツを解説こんにちは! たけち(@takechi0318)です〜! 今回は、「目標設定で大事な5つの条件とコツを解説」を簡単にお伝えできればと思...

 

以上でこの記事は終わりです。
新しいことに挑戦するときに頭の片隅に入れて実施してみてはいかがでしょうか。

では、またどこかでお会いしましょう!!
ご相談や質問等はFB・Twitterにてお待ちしております。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

ABOUT ME
たけち
新卒で入った会社を10ヶ月で辞めてフリーランスの道へ。 ちょっとだけ社会に役立つ情報や僕の考え、幸せを創造していきます。 自由気ままに綴っている雑記ブログを運営中。 ご依頼は「初めて訪問された方へ」まで