キャリア

【集中力を伸ばす方法】仕事量は時間×集中度!人間が集中できる時間は?

こんにちは! たけち(@takechi0318)です〜!
今回は、「仕事量は時間×集中度!人間が集中できる時間は?」を簡単にお伝えできればと思います。

人間の集中力ってどこまで持つんだろう?」

こんなことを思った方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

もちろん集中できる時間には、限界があることは皆さんもご存知かと思いますが

  • 実際どれくらいの時間集中できのか
  • 集中できる時間が伸ばせると良いな

と思ったこと1度はありますよね。

集中力が上がれば、仕事も早く終わりますよね。仕事が早く終わって、家に帰れたら最高ですよね。

 

集中力を減る要因はマインドにある

 

自分が集中できる時間を知っておかないと損だと思います。

なぜなら、いつまでも集中できると思ってしまうとかえって集中力が減っていきます

人間の集中力の限界を知らないとそれを超えて集中しようとします。そうすると、いつまでもエンジンがかからない状況を生み出します。

集中できる時間を知っていれば、どういう時間の使い方をすれば効率が良いかわかります。

 

人間が集中できる時間は最大で3時間

 

1日3時間〜4時間 週5回(または週4)が集中できるマックスの時間です。

何にも訓練してない人は、1時間〜2時間集中できればいい方です。一つのことに専念することを養っていくことを意識してください。

仕事量=時間×集中度

集中力のある人は、短時間で仕事を終わらせることができるので、自分の時間を作ることができます。

大体の人は、午前中に集中時間が終わってしまいますので、午後からは休息したほうがいいです。

 

人間の集中力を削ぐ要因は外部刺激と内部刺激

集中力を削ぐ要因は大きく分けて二つあります。

外部刺激と内部刺激(自分の感情)と言われるものによって集中力が削がれます。。

外部刺激:外から入ってくる刺激とか誘惑です。ラインが来たり、電話が来たり、話しかけられたりなどです。

内部刺激:自分の内側から出てくる感情です。めんどくさい、あれやっときたかったな、お腹すいたな、コーヒー飲もうかな、などです。

できれば、外部刺激と内部刺激が起こらない時間帯に集中することが大事です。

 

人間の集中力を削ぐ要因をなくす方法

外部刺激を無くす方法

外部刺激を無くす方法は、LINEの通知をオフにしたり、連絡手段をシャットダウンすればいいです。

会社の中でちょっかいをかける人がいればデスクに「〜時まで話しかけるな!」と付箋でも貼っておきましょう。

僕も仕事で作成物などをしているときはパソコンのラインの通知をオフにしてます。休みの時は、メッセンジャーも基本通知はオフです。

 

内部刺激を無くす方法

内部刺激を無くす施策は2つあります。

  • 瞑想をすること
  • 自分の不安を紙に書き出す・吐き出すこと

 

困難で重要で知的な仕事をする時は、まとまった時間をとってやること

※頭の中での切り替えをなるべく減らした方がいい

 

代替if-thenルールで集中力がアップ

 

自分の集中力が削がれてしまった時は、陥りやすい欲求を違う行動に変えることです。

ex.もし〜したくなったら〜する

exもし漫画を読みたくなった場合は、ちがう小説を読む

人間の意志の力は、午前中しかもたないので午後からは、人と会うなど意志力を使わない仕事をしましょう。

 

集中する時はまとめてやること

どんな短時間でも注意がそがれると物事の完了が圧倒的に遅れます。

たけち
たけち
やるならやる!やらないならやらない!はっきりしなさい!

もし、1時間かかる作業が必要であるとわかっていたら、ちょっとでも邪魔がはいると意味がないんです。

まとめて集中できる時間をどれくらい使えるかが重要です。集中力がともわない仕事は、全部午後にもっていきましょう。

 

集中力を伸ばすために休憩はちゃんと取ること

 

休憩中にタスクは、絶対にやらない方がいいです。頭を休憩するための時間にしましょう。休憩中は、瞑想や睡眠などに使いましょう。

ラインをしたり、携帯触っていたりするのはあまりよくありません。タスクをしていては、集中力をやすめることができないんです。

集中力を保つにはリズムが大事

集中力を保つには、時間を決めて一定の時間を集中することが大事です。

例えば出勤して、1時間は必ず集中して仕事をすることです。生活内でもしっかり取り込むことで、集中状態に入ることができます。

仕事をする場所ごとにやることを決めておくといいかもしれません。座る場所や椅子の向きなどで集中するスイッチを自分で決めてみてください。

とある作家で、飛行機の中で書くという人がいて、旅行もせずに外国に飛行機にのって行き、すぐ折り返して帰ってくる人もいるそうです。作家さんの中では、飛行機の往復の30時間で本を書き上げるみたいです。

 

スケジュールはカツカツに入れるのではなく、隙間時間をわざと作り、予定の空き時間を眺めて、何をすべきなのか思慮をめぐらせること

 

【挫折を乗り越える方法】失敗経験から学び、チャンスに変えた方法こんにちは! たけち(@takechi0318)です〜! 今回は、「失敗経験から学び、チャンスに変えた方法」を簡単にお伝えできればと思...

 

以上でこの記事は終わりです。
自分の集中力はどれくらいもつのか考えてみてはいかがでしょうか。

では、またどこかでお会いしましょう!!
ご相談や質問等はFB・Twitterにてお待ちしております。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ABOUT ME
たけち
新卒で入った会社を10ヶ月で辞めてフリーランスの道へ。 ちょっとだけ社会に役立つ情報や僕の考え、幸せを創造していきます。 自由気ままに綴っている雑記ブログを運営中。 ご依頼は「初めて訪問された方へ」まで