キャリア

【若手社員必見!】数百万の研修 新入社員スーパー強化研修を終えて

こんにちは! たけち(@takechi0318)です〜!
今回は、「数百万の研修 新入社員スーパー強化研修を終えて」を簡単にお伝えできればと思います。

僕は、今新卒として都内のベンチャー企業に勤めています。

先日、会社の研修で2日間「新入社員スーパー強化研修」というものを受けました。普段なら会うことも難しいような方が講師だったので僕は、ワクワクして研修会場に向かいました。

講師の方は、本も書いている人なので是非ご覧ください。そんな講師が運営する何百万もする研修で感じたこと、学んだことを解説していきます。

created by Rinker
¥1,540 (2019/12/07 15:04:37時点 楽天市場調べ-詳細)
1億稼ぐ営業の強化書 / 市村洋文 【本】
created by Rinker
¥1,320 (2019/12/07 15:04:37時点 楽天市場調べ-詳細)

大事にすること/考えるようになったこと

大きくは二つです。マインド」と「時間の概念について考えるようになりました。

僕らの時代は、100歳まで生きれます。その中で自分は何歳まで生きたいのか?
時間の概念ですね。いつまでにどんなキャリアを生むのか。どんな働き方をしたいのか。

ただ、講師が通して言っていたことは、真面目で誠実で素直な人が成長スピードが早いということです。

今日良かったことをずっと継続してやってみることです。

created by Rinker
¥1,540 (2019/12/07 15:04:37時点 楽天市場調べ-詳細)

 

作戦目標を立てる時に大事にすること

 

目標の立て方

  1. 具体的な行動計画に落とし込まれているか
  2. デイリーの数値化ができているか
  3. 締め切りの期日を決めているか

僕は、目的・目標を定めて、いつまでに誰が、何をやることをPDCAを回していくことが足りていませんでした。

自分たちはなんのために仕事をするのかの自己理解の深掘り、自分だけのトラックコードを作り始めなければその人の価値はないことを知らされました。

魅力がある人は仕事に熱中しているしどんな仕事でも仕掛けを入れらるかどうかが大事です。

お金をもらっている以上はプロであり、プロにならなければならないです。そして、目の前のことができないのに、長期的に仕事が達成できるわけがないです。

仕事で数字を出す人間は、実行するための計画を自分で立てて、1個1個努力しています。

 

20代で断トツでの結果を出し、会社に評価される考え方と行動

 

  1. 結果が求められるのが社会である
  2. 考え方一つで得られることは違ってくる
  3. 全力で取り組む姿勢が結果に繋がる

現状の見直しと報告は徹底して行わなければいけないのが会社です。何もできない中で食い下がるのか否かは、自分の根性次第です。

僕は、踏ん張り続ければ成功を掴めると思っています。今悩んでいる方は、必ず成長します。悩んだ分だけ成長、成果として帰ってくると僕は信じています。

1億稼ぐ営業の強化書 / 市村洋文 【本】

 

全部自分ごとに捉えてやってみること

僕は、ゼロイチ開拓の重要性や接点のないところから地道に物事をやることが大事だということを学びました。

何気ない作業でもしっかりと対応することや客観視を怠らず、会社に感謝することも大事です。作業からは何も身につかないし会社が求めていることを考えることが必要です。

自分であげた数字は1人でとったものではなく、関わってくれた人の手助けで数字を上げています。

あらゆることを自分ごとに捉えてやってみることで新たな気づきを得ることができます。

created by Rinker
¥1,320 (2019/12/07 15:04:37時点 楽天市場調べ-詳細)

 

会社の中で考えるべきこと

  1. 大事なのは結果である
  2. コストを意識すること
  3. 数字の中身をみること

仕事で成果を出したいなら

  1. 自分がマーケットで全く通用しないという現実を直視すること
  2. できるかできないかではなく「やりあげるにはどうしたらいいか」を考えること
  3. 食い下がること

 

もともとある価値観・考え方を変えることです。

指示していることと行動が伴っていなければ「詰める」のは当たり前です。数字に対しての意識が低すぎる自分を実感しました。

「自分でセルフモチベーションできないやつはガキだ」と講師に言われました。

本当にその通りだと思いました。他人にコントロールされているようでは甘すぎます。

そして、記憶ではなく、記録する習慣をつけること、言語化する、可視化することも生産性を上げるために必要です。

 

数字を追うということ

たけち
たけち
営業をしている方、そこで契約を決めなきゃいけないという電話の掛け方をしていますか?

お金をもらっている以上は、数字は終わらなければいけません。そして、目標数字は達成すべき数字です。

僕はこちらをこれから肝に命じようと思いました。

  • 数値目標の期待をはるかに越えること
  • 計画は横滑りではなく向上すること

そして、数字を追うためにはちゃんとした人間である必要があります。

 

まとめ

①「意識」と「成果」の大事さ
この二つの考え方を学びました。

②「感謝のベクトル」
会社が給料を払うのではなく、「クライアント」からいただいています。
目の前の仕事の先にあるものは何かを考えるようにしましょう。

③親からの自立
人間力を身につけ、自分の背中を見せて安心してもらえるような人になるようにしましょう。

④大きな画を描くこと
目先の点ではなく、線で物事をみて仕事をすることです。

⑤計画は実行に移すもの
研修が終わった今はスタートラインです。
当たり前と呼ばれることを継続して力を抜かずにやっていくことで一流に近づいて行きます。

 

以上でこの記事は終わりです。
自分の仕事に応用していただければ幸いです。

では、またどこかでお会いしましょう!!
ご相談や質問等はFB・Twitterにてお待ちしております。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ABOUT ME
たけち
新卒で入った会社を10ヶ月で辞めてフリーランスの道へ。 ちょっとだけ社会に役立つ情報や僕の考え、幸せを創造していきます。 自由気ままに綴っている雑記ブログを運営中。 ご依頼は「初めて訪問された方へ」まで
クラウドソーシング「ランサーズ」
クラウドソーシング「ランサーズ」