大学生活

【石川県の学生必見!】学生ってアルバイトってする必要あるの?

こんにちは! たけち(@takechi0318)です〜!
今回は、「学生ってアルバイトってする必要あるの?」について簡単にお伝えできればと思います。

「お金より社会に出て役立つバイトしたい!」

「日雇い、深夜でもいいからお金が欲しい!」

「楽でお金がたくさん入るバイトをやりたい!」

というという大学生は多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、バイトをこれから始める予定のみなさんには、本当にバイトをする必要があるのかを考えて欲しいです。

具体的には

  • 大学生のバイト事情
  • 大学生の収入源と1ヶ月の平均月収
  • 社会で役立つアルバイトを選ぶ基準がおかしい

の順番にご紹介していきます。3分くらいで読めますし、就活の際にも使える可能性が高いので、まずはご一読ください。

 

大学生のバイト事情

 

たけち
たけち
皆さんは、アルバイトと聞いて何を思い浮かぶでしょうか?

「アルバイトは簡単にお金が稼げる!」

「飲食店だけは絶対やりたくない!」

「楽に稼げるバイトがいい!」

アルバイトと一括りに言っても沢山のお仕事があります。
皆さんが思い浮かべるのは、飲食店や塾講師が多いのではないでしょうか。

 

大学生がアルバイトの働く業種

飲食店 31.5%
塾講師・家庭教師 22.7%
販売 17.1%
軽作業 14.4%
コンビニ 13.3%

予想が当たった方が多いと思いますが、飲食店や塾講師が多いイメージです。
大学生の7割がバイトをしていて、その中の3割は飲食店の関係のお仕事をしています。

 

石川県ならではのバイト

 

石川県ならではのバイトがあります。季節によってですが、ユニークなバイトをご紹介します。

 

駐車場雪かき雪かきバイト

アパートに駐車場にある依頼者の車周囲と走行通路の除雪をするお仕事です。

雪国の石川県では、雪かきをするだけでお金がもらえるというバイトです。
ただ、思った以上に体力を使いますので筋トレがてらやりたい人はやってみると良いかもしれません。

 

尾山神社でのお巫女さん

 

正月になると初詣に皆さんも行かれますよね。

その時に見かけるお巫女さんは、実はアルバイトの学生が多いです。お巫女さんの具体的な業務は、白衣、緋袴といった巫女装束を身に着けて、神社で参拝客に対してお守りやお札などを販売します。

 

大学生の収入源と1ヶ月の平均月収

 

皆さんも気になる1ヶ月の大学生の収入源と平均月収。
大学生の収入源は主に、アルバイト、奨学金、親からの仕送りです。

 

大学生の1ヶ月の平均月収

Benesseの調査によると、大学生の1ヶ月の平均収入は「8.4万円」だそうです。もっとも多かった回答は、「6万円以下」という結果が得られています(以下内容もBenesse教育総合研究所のデータを参考にしています)。

 

大学生の1ヶ月の平均のアルバイト月収

大学生の1ヶ月の平均は、約3.3万円です。しかし、近年は奨学金を返すために月10万円を目指す大学生も出てきています。

 

社会で役立つアルバイトを選ぶ基準がおかしい

 

社会で役立つアルバイトを選ぶ基準に入る前に、大学生がバイトをすることに僕は反対です。せっかくの大学生活の貴重な時間を、時間で買われている状況に気づいていないことに違和感を覚えます。

と、、、過激な発言をした僕ですが実は、

高校生から大学1年生の夏までの4年間ほどは、飲食店(モスバーガー)で働き、サッカースクールの先生の仕事も3年半しておりました。

もちろん、給料が高いことや時間の融通が聞くことも重要なのですが、それよりも時間給ではなく、自分の頭で考えて行動したことによる成果、報酬がもらえることの方が社会に出て役立つと考えます。

具体的には、アルバイトで言うならば

  1. 営業・テレアポ
  2. クラウドソーシング
  3. 携帯販売

上記のような成果報酬型のアルバイトは、インターン・副業と思われがちですが、自分のスキルでお金を稼ぐプロセスを鍛えるにはちょうど良いです。

僕自身が飲食店のアルバイトを辞めたのは、毎日同じ作業で成果に捉われることなく、頭を使うことなく過ごす時間が勿体無いと感じたからです。

逆にサッカーの先生の仕事をしていた理由は、自分でメニューを考えどのようにしたら選手・子供達が成長をするかをいつも考え逆算の元、仕事をしていたからです。

 

まとめ

アルバイトをすることは、決して悪いことではありません。友人ができたり沢山学べることはあります。
僕も卒業した今でも昔のアルバイト先のメンバーで集まって、お酒をかわしたりします。

ただ、大学生活の全てをバイトに捧げ、大学を卒業するようなことは、決してしてほしくありません。

貴重な時間、貴重な1時間を900円という時間で切り売りしてしまうのは勿体無いです。

「責任感が強まる」「金銭感覚が身に付く」「社会を知れた」と思う方も多いと思いますが、はっきり言ってまだまだ甘いです。

会社に入って事業を任せてもらったりしてやっと責任感がつき、逆算して事業予算を回したり、投資するような先見の目を鍛えなければ、本当の意味での金銭感覚は身につきません。

今は、奨学金の制度も整っていてバイトをしなくても生きていける時代です。
僕のオススメは、1年間は、アルバイトをして、あとの3年はインターンや自分のスキルでお金を稼ぐと良いと思います。

 

【組織幹部必見!】うまくいかない人間関係がうまくいく方法を徹底解説 こんにちは! たけち(@takechi0318)です〜! 今回は、「うまくいかない人間関係がうまくいく方法を徹底解説」を簡単にお伝えで...

 

以上でこの記事は終わりです。
アルバイトをしている方は今一度考えてみてはいかがでしょうか。

では、またどこかでお会いしましょう!!
ご相談や質問等はFB・Twitterにてお待ちしております。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ABOUT ME
たけち
新卒で入った会社を10ヶ月で辞めてフリーランスの道へ。 ちょっとだけ社会に役立つ情報や僕の考え、幸せを創造していきます。 自由気ままに綴っている雑記ブログを運営中。 ご依頼は「初めて訪問された方へ」まで