たけち

【モラトリアム人間必見!】なりたい姿・夢は6時間で見つけられる

こんにちは! たけち(@takechi0318)です〜!
今回は、「なりたい姿・夢は6時間で見つけられる」を簡単にお伝えできればと思います。

10月21日(日)〜22日(月)で仕事の出張で大分県に行った。21日は、大分駅近くの会場で会社の就活イベントを開いた。

参加者は63名、運営数10名、企業15名の計87名で会場が小さかったこともあって盛り上がった様子だった。

ただ、自分の中ではあまり仕事に対する心の整理ができていない状態だった。その日は、いろんな葛藤があり、考えることが多かった1日で終わった。(葛藤についてはまた今度記事に書こうと思う)

イベントが終わった翌日、22日の夜20時には飛行機で大分空港から羽田空港に向かうため、早めに大分駅を出て大分空港に着いた。

約5時間ほど飛行機の出発まで時間があったので、ネットでたまたま探した集いの潮湯100馬力という銭湯に行った。

大分空港から歩いて20分。

ネットによると毎日来るお客さんは10人もいかないそうだ。個人的には外観がすごく好きだ。

 

おばあちゃんとの出会い

店舗に入ると笑顔の素敵なおばあちゃんが1人いた。おばあちゃんが一人で温泉の店を切り盛りをしているそうだ。

早速銭湯へ。値段も安く海水で入れる銭湯で疲れを癒した。

 

おばあちゃんとの会話

お風呂から上がるとおばあちゃんとたくさんのことを話した。単純におばちゃんの話を聞くのも面白かったし自分のことを考える時間になった。

そして、話をしているうちに「涙」が止まらなくなった。自分の未熟さなのか何なのかはわからない。

ただ、「涙」が止まらなかった。

話をしている途中でおばあちゃんに質問をした。

たけち
たけち
おばあちゃんの夢は何〜?

おばあちゃん
おばあちゃん
夢はお風呂を作ることやけん。夢はもう叶っているからいつ死んでも良いかな。

にいちゃんは、まだまだ若いけん夢はいっぱいあるじゃろ?

僕の中で言葉が出てこなかった。どうしたら夢が見つかるのかわからない自分がいた。

少なからず、自分は不甲斐ないと思った。何も考えていない22歳の自分と70歳で活き活きと語るおばあちゃんそんな泣いている僕におばあちゃんがおにぎり2個を作ってくれた。

おばあちゃん
おばあちゃん
米が美味しいじゃろ!このコメはほんと美味しんじゃ。

何度も同じことを言うおばあちゃん。実際に、めちゃくちゃ美味しかった。その米の味は一生覚えていると思う。

22歳の自分は今、夢といわれるものを持ち合わせていない。

どんなことが夢なのか。わかっていない。どうしたら良いのか。

 

振り返ることの大切さ

おばあちゃんは自分史というものを書いていた。それは、各年代ごとにあった大きい小さい関係なく出来事を綴っている一冊の本だ。

おばちゃんはが言った。

おばあちゃん
おばあちゃん
色々な経験をしたからこそ書くことがいっぱいとあるんだよ。経験は、自分が踏み出した一歩の数だ。

おばあちゃんは、70歳でこの集いの潮湯100馬力という銭湯を作っていた。

70歳から挑戦していたのだ。そんなおばあちゃんのことがすごいと思った。いつまでもこの銭湯が続いて欲しいと。

 

弱さに気づく瞬間

空港に行く時間が迫っていたのもあって、慌てて銭湯をでて空港を出た。銭湯を出発して5分ほど経ってから一本の電話が鳴った。

電話を出ると銭湯のおばあちゃんだ。

僕は、銭湯に財布を忘れていたのだ。

電話番号は、事前にこの銭湯をネットで調べて空いてるかどうかを聞いたからだ。僕が電話していたことをおばあちゃんは覚えていて、財布を見つけた瞬間、僕に電話をかけたのだ。

普通にすごいと思った。そこまで覚えていてくれたことに。財布を忘れて銭湯に戻り再び、僕は空港に向かった。

空港の飛行機に乗る直前に僕は気づいた。おばあちゃんからもらった大事なペンを銭湯に忘れていたことだ。写真だけはもらった時に撮っていた。

急いでいたとはいえ、忘れていた自分がありえないと思った。

すぐに電話をした。おばあちゃんは元気な声で言った。

おばあちゃん
おばあちゃん
また来たときに渡すね。

といわれた。それよりも僕が飛行機に乗れているのかを心配していたのだ。なんて素敵なおばあちゃんなんだと。

 

ありたい姿と出会う瞬間

初めて出会ったおばあちゃんに心が惹かれるものがあった。何故なんだろうか。と考えた。

僕になくておばあちゃんにあるものは何なのか。財布を忘れたにもかかわらず相手のことを一番に考えていたおばあちゃん。

この銭湯には絶対にまた行くと決めた。こうやって大事なファンを作っているおばあちゃんみたいになりたいと。

僕は、この6時間で気づくことがたくさんあった。

人は皆 将来について考え悩む。でも意外と身近なところに答えがあるということに気づかない人が多い。

自分では気づいていないだけで、時が経てば答えが現れてくれるかもしれない。

 

以上でこの記事は終わりです。
是非大分に行った際は、訪れてみてください。

では、またどこかでお会いしましょう!!
ご相談や質問等はFB・Twitterにてお待ちしております。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ABOUT ME
たけち
新卒で入った会社を10ヶ月で辞めてフリーランスの道へ。 ちょっとだけ社会に役立つ情報や僕の考え、幸せを創造していきます。 自由気ままに綴っている雑記ブログを運営中。 ご依頼は「初めて訪問された方へ」まで
クラウドソーシング「ランサーズ」
クラウドソーシング「ランサーズ」