取材

【取材】「石川の魅力に出会うメディア」を運営する学生団体つづみ

こんにちは! たけち(@takechi0318)です〜!
今回取材させていただいたのは、フリーペーパー“Twinkle”を通して石川の情報を届ける「地域学生メディア つづみ」さんです。

つづみ2代目代表の原田梢吾さんにインタビューをさせていただきました。

 

原田梢吾さん

金沢大学2年生。2019年3月までつづみ代表。趣味はキャンプ・サイクリングだが、野外活動しにくい北陸の冬の天気にやきもきしている。

 

学生団体つづみの活動内容

たけち
たけち
早速ですが、つづみではどのような活動していますか?

原田梢吾
原田梢吾
情報発信を通して、地域活性に貢献することを理念として活動しています。

また、つづみは金沢大学地域創造学類の公認サークルでもあるので、地域の発展を促すという側面もあります。


この理念さえ守っていれば、メディアや方法などは各代に委ねられています。
現在では、フリーペーパー“Twinkle”を通して、学生向けに石川の情報を発信しています。

 

たけち
たけち
フリーペーパーを作ることがメインの活動ということなのですね。

具体的な年間のスケジュールを教えてもらえますか?

原田梢吾
原田梢吾
夏発行、冬発行、春発行の年に3回フリーペーパーを発行しています。

 

 

たけち
たけち
フリーペーパー作るのって大変ですよね?どんな内容なのですか?

原田梢吾
原田梢吾
大変ですね!石川に関するいろんなものを載せています。
地のものっていう意味の金沢の方言で「じわもん」って言葉があるんですが、その「じわもん」である石川の地サイダ―など、食に関することも載せています。

あとはドライブ企画などもあって、一日や半日で回れるドライブルートを紹介しています。
実際にフリーペーパーを地図として持って出かけて欲しいという想いがあります。だから、フリーペーパーの”大きさ”にもこだわっているんです。

地域のことを知るだけじゃなくて、その場に行ってもらうことで地域活性に繋がると考えています。

 

たけち
たけち
すごい、完成度が高いですね!会社の人が作ったみたいです……!

協賛金ももらってるんですね。

 

 

原田梢吾
原田梢吾
そうですね、印刷料や年間契約している編集ソフトにどうしてもお金がかかってしまいます。

たけち
たけち
協賛金を集めるのってかなり大変ではないですか?

原田梢吾
原田梢吾
かなり大変ですね!一応営業担当の子がいてその子たちが集めてくれています。絶賛募集中です!(笑)

広告協賛企業募集中

1万円〜8万円で広告を募集しているそうです。
裏表紙一面:5万
1ページ:4万円
1/2ページ:2万円
1/4ページ:1万円
1/8ページ:5000円

学生団体つづみへの連絡はこちら

 

 

たけち
たけち
ちなみに一回のフリーペーパーの発行で何部くらい刷るのですか?

原田梢吾
原田梢吾
大体どの号も2,000部です。

たけち
たけち
2,000部……!!すごいですね!!

 

活動する上で大切にしていること

 

たけち
たけち
フリーペーパーを作るうえで気を付けていることや大事な想いはありますか?

原田梢吾
原田梢吾
技術面では、誤字脱字やミスはしないように気を付けています。

あとは、学生に向けての情報発信というコンセプトがあるので、そこからブレないように気を付けています。

たけち
たけち
このフリーペーパーは、どんな人をターゲットにしていますか?

原田梢吾
原田梢吾
基本的に大学生をターゲットにしていますね。

大学構内や金沢大学周辺、他にも市役所、金沢駅、取材先、あとはビーンズカフェやゼロカフェなど学生が集まる場所に設置しています。

たけち
たけち
メンバー構成と人数はどのくらいですか?

原田梢吾
原田梢吾
今は、金沢大学と金沢美術工芸大学に所属するメンバーから構成されています。でも金沢大学の学生がほとんどですね。人数はちょうど30人ほどです。

 

学生団体つづみの団体設立のきっかけ

 

たけち
たけち
団体ができたきっかけをおしえてください!

原田梢吾
原田梢吾
創設者が“情報発信の活動がやりたい”ということでこの団体を立ち上げました。

最初は、webで情報発信をしていたそうなのですが、初代メンバーがフリーペーパーを媒体にしたらどうか提案があったのが始まりと聞いています。結果的に、フリーペーパーを通して情報発信する今の形になりました。

 

 

たけち
たけち
ちなみに原田くんは、なんでつづみに入ったのですか?

原田梢吾
原田梢吾
実は、僕は組織運営にもともと興味がありました。あとは、情報発信や編集にも興味があったので、自分のやりたいことができると思ったので入りました。

所属している学部の先輩多かったことや、雰囲気が良かったのもつづみに入った理由の一つですね。

 

 

 

たけち
たけち
1年生から組織運営!なかなか変わってますね(笑)

今までで一番印象に残っていることは何ですか?

原田梢吾
原田梢吾
えーと、悪い方で印象に残っている出来事となりますが、入稿して仕上がったフリーペーパーが届いた後にミスが発覚したことですかね。

写真の差し替えミスがあったり、誤字脱字があったり。ぼくらが入ったときは、団体として黎明期だったということもあり、文章のチェック体制がまだまだ曖昧だったんです。

たけち
たけち
なるほど、確かにミスはまずいですね……。

原田梢吾
原田梢吾
「どれだけ編集等に力を入れてもちょっとしたミスで一冊の完成度がガクンと落ちてしまうんだな」と感じてそれがすごく印象的でした。もちろんメンバーの精神的にもダメージを受けますし。それから、文章校閲班を作りました。

良い印象として残っているのは、やはり完成したフリーペーパーを見せた時に「ほんとに学生が作ったの!?」って素で喜んでくださった時ですかね。

心の中で「やった!」って思います(笑)

たけち
たけち
一番大変だったことは何ですか?

原田梢吾
原田梢吾
たくさんあります(笑)先ほども言ったように、完成してミスが見つかったこともそうですし、お金が集まらなかったこともありましたし……。

たけち
たけち
え、お金が集まらなかったときはどうしたんですか?

原田梢吾
原田梢吾
委託でポスターのデザインを頼まれまして、それの報酬で何とか乗り切りましたね。

今までたくさん大変なことはあったのですが、その都度それで動揺していた記憶はなくて、逆にこれをどうやって乗り切ろうと解決策を模索していたんです。

大変なことに直面した時に、問題を処理していくこともやりがいの一つですね。

たけち
たけち
その他で運営面などで大変だったことはありますか?

原田梢吾
原田梢吾
入稿直前の時期はいつも大変ですね。デザイナーは期限にも精神的にも追いつめられていて、まるで戦場です(笑)そのピリピリした雰囲気のデザイナーたちを収めるのも大変でしたね。

 

これからやりたいこと

 

たけち
たけち
今特に力を入れていることは何ですか?

原田梢吾
原田梢吾
今は春号であるvol5の出版の準備ですね。3月下旬に発行を予定しています。

今は企画、取材、写真撮影、文章作成などがやり終わって、あとレイアウトやデザインを詰めている所です。

たけち
たけち
これから1年のイベントはどのようにして進めていく予定ですか?

原田梢吾
原田梢吾
今年度と同様にvol6、7、8の発行ですね。

僕は、来年度大学3年生なのですが、3年の途中で団体を引退予定なので、詳しいことは後輩たちに任せます。

 

大学生へメッセージ

たけち
たけち
最後に、この記事を見ている学生さんに一言お願いします!

原田梢吾
原田梢吾
ぜひ、僕たちのフリーペーパー“Twinkle”を見つけたら手に取って読んでみて下さい!

またメンバーも随時募集中です!石川の団体で取材ができ、またフリーペーパーを作れるのはつづみだけです。

また、際に自分たちで地域の人に取材に行って生の声が聞けるのも、学校の授業の勉強では体験出来ないことであり、つづみの魅力の一つだと思います!

 

 

学生団体つづみ

Twitter / Facebook

 

【取材】地域に愛され続けて3年 学生だけで運営するカフェ「放課後kitchenかぷらす閉店」こんにちは! たけち(@takechi0318)です〜! 今回は、石川県で学生だけでカフェを運営している「放課後kitchenかぷらす...

 

以上でこの記事は終わりです。
つづみのフリーペーパー“Twinkle”を持って石川の街を探検してみてはいかがでしょうか?

では、またどこかでお会いしましょう!!
ご相談や質問等はFB・Twitterにてお待ちしております。

最後まで読んでいただきありがとうございました!