大学生活

【組織幹部必見!】うまくいかない人間関係がうまくいく方法を徹底解説 

こんにちは! たけち(@takechi0318)です〜!
今回は、「うまくいかない人間関係がうまくいく方法を徹底解説」を簡単にお伝えできればと思います。

僕は、学生の頃に学生団体というものに入っていました。
学生団体は、学生主体で、いろんな大学の学生が集まってイベントを企画・運営しているインカレサークルのことです。

そこで少し悩んだことが「メンバーの脱退」です。自分が代表になってから辞めたメンバーが数名いました。

メンバーの脱退ほど、辛いものはないと思っています。今では、団体は20人を超える規模になっていますが、僕が始めた当初は3人から始まり、途中で新しく入ったメンバーが半年で辞めてしまいました。(仲は今でもいいです笑)

【学生団体必見!】僕が大好きな学生団体の軌跡、ビジョンと人に惹かれたこんにちは! たけち(@takechi0318)です〜! 今回は「僕が大好きな学生団体の軌跡、ビジョンと人に惹かれた」を簡単にお伝えで...

他の団体でも問題視されているメンバーの脱退。

悩まれている団体の代表・副代表・幹部も多いのはないでしょうか。

どうやったら防ぐことができたのか。僕は当時のことを思い出して考えることがよくあります。

 

学生団体から学んだ人間関係の改善点

 

メンバーとしっかりお互いの情報をにぎり合うこと

しっかりとメンバーのことは、知っておいた方が良いです。メンバーの情報を知っていることで信頼に繋がってきますし信頼されます。当時を振り返ると僕は、その子のことを考えていなかったのかなと思います。

どんな学校に通っていて、どんな人になりたいか、ありたい姿や成し遂げたいことなどを共有すること

 

メンバーのプライベートを引き出すこと

プライベートな話をすることで、お互いの共通点を見つけ出し信頼関係を構築するテクニックがあります。それは、僕は全くできていなかったです。メンバーのことに関心を持たなければ深い関係にはなれません。

 

自己開示をすること

いわゆる自己開示というものです。薄っぺらい趣味などではなく、深い自己開示です。
僕は、自分の話を全然していませんでした。自分の話をすることによって、相手も自己開示をしてくれやすくなります。

相手の情報を引き出すために自分の自己開示をすることが重要です。

人間関係がうまくいかないほとんどの原因は、「状況」が作り出しています。ビジネスの場合だとちゃんと利害関係を作っておくことです。

裏切りにあった覚えのある人は、過去に相手のコアな話やプライベートをちゃんと聞いたかどうか自分の胸に手を当てて聞いてみてください。

 

人間関係がうまくいかない理由

人間関係がうまくいかない理由は、お互いの意見のすれ違いでおきます。「誤解・認識のずれ」がほどんどの原因です。

団体であれば、「メンバーにどんなことをしてほしいのか」それに対して「どんな価値を還元できるのか」をちゃんと伝えることです。

対面で会っていると顔を合えあわたから大丈夫だろうと思ってしまいがちです。

では、

  • 何を自己開示すればいいのか
  • どういう風にすればいいのか
  • どんなテーマを選べば良いのか

もっとも最短で人間関係が作られるのかをを具体的に解説していきます。

 

人間関係はテキストベースでうまくいく

 

テキストベースの会話だと自分の意見をちゃんと整理することができます。また、自分の言いたいことをちゃんと伝えることができます。自分の気持ちや相手がどう思ってるのか、情報をしっかり伝達する場合に使えます。

信頼関係が生まれる理由は、自己開示の量が増えるということからです。極めてプライベートな話は、周りに人がいたりする話しづらいです。

そして、対面だと自己開示を偽ってしまう確率が高いです。なので、テキストベースの会話により、より深い内容を聞くことができ、自分の意見を伝えることができるため有効です。

 

15日に1回は必ず、定期的な自己開示をする

だいたい15日に1回は必ず、定期的な自己開示が必要です。テキストベースであれば、LINE、Twitter、FB等でやり取りすることです。なので、頻度を考えて連絡を取るようにしましょう。

テキストの方が時間を置いて、自己開示をすることができます。

テキストベースのコミュニケーションは、情報量が少ない(声のトーン・表情)からダメじゃないの?

と思っている方も多いと思います。

たけち
たけち
相手にわかってもらえないんじゃないかと不安になりますよね。


だからこそ、テキストは一生懸命に説明して、言葉を尽くし、ギャップを埋めるための文章を作るようになります。

こうすることで、相手が自己開示してくれる量も増えていきます。

 

人間関係がうまくいく自己開示のテーマ

  1. お金や健康に関する心配事
  2. 自分がイラっとした体験
  3. 人生においての幸福なこと
  4. 自分が改善したいこと
  5. 自分の夢や目標や野望
  6. 爽やかなエロな話
  7. 自分の弱点や助けてほしいこと
  8. 怒ってしまう出来事/許せないこと
  9. 長く続けている、続けていきたい興味のあること趣味
  10. 恥ずかしかった体験や罪悪感のあった出来事(失敗談)

上記の話題は、相手との親密関係が深まるような話題を入れてあります。踏み込んだ話題にすればするほど良いです。

ネガティヴな話題は、その人のこだわりを聞き出したり、「こういうことは言わない方がいいのか」と気づくこともできます。

何に対してイライラするのかを知っておくことで、今後の対応で気をつけることもできます。自分の夢や目標や野望を語れるようになれば、自分の魅力も高まります。

人間は、弱さを認められる人ほど強い人だと思っています。相手が弱さや困っていることを開示したらサポートすることを心がけましょう。

なぜその趣味を続けているのか、きっかけは何なのか、なんで長く続けているのか。などを深堀ってその人自身を見るようにしましょう。

 

まとめ

失敗談を語る人は、「人の痛みがわかる人なんだなと認識されます。自分の弱さ、人に話せて受け入れている人ほど人間味が出ます。

学生団体から僕は、下記を学びました。

  • メンバーとしっかりお互いの情報をにぎり合うこと
  • メンバーのプライベートを引き出すこと
  • 自己開示をすること

人間関係がうまくいかないときは、テキストベースで15日に1回は必ず、定期的な自己開示をすることをしています。

【見逃せない!】失敗の考え方 自己肯定感が低いと人生は豊かにならない!こんにちは! たけち(@takechi0318)です〜! 今回は、「失敗の考え方 自己肯定感が低いと人生は豊かにならない!」というタイ...

以上でこの記事は終わりです。
少しでも団体運営に悩んでる方の力になれば幸いです。

では、またどこかでお会いしましょう!!
ご相談や質問等はFB・Twitterにてお待ちしております。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ABOUT ME
たけち
新卒で入った会社を10ヶ月で辞めてフリーランスの道へ。 ちょっとだけ社会に役立つ情報や僕の考え、幸せを創造していきます。 自由気ままに綴っている雑記ブログを運営中。 ご依頼は「初めて訪問された方へ」まで
クラウドソーシング「ランサーズ」
クラウドソーシング「ランサーズ」