キャリア

【目標の立て方】目標設定で大事な5つの条件とコツを解説

こんにちは! たけち(@takechi0318)です〜!
今回は、「目標設定で大事な5つの条件とコツを解説」を簡単にお伝えできればと思います。

2018年も終わり、年が明け2019年になりましたね。

TwitterやFacebookでは、「今年の目標は◯◯だ!」と意気込む方が多いですね。

僕自身もツイッターで今年の目標みたいなのを宣言したのですが、そもそも目標の立て方あってるのか。と疑問を持ったわけです。

たけち
たけち
具体的な目標を立てたほうがいい!目標はがっちりしっかり決めた方がいい!

と僕も思っていたのですが、実は目標は漠然と決めた方がいいんです。その理由を話す前に、目標設定で大事な5つの条件について述べていきます。

 

目標設定で大事な5つの条件

 

目標と自分の間に深い関係がないこと

小さなことや自分の仕事とあまり関係ないことを改善していくことが大事です。

例)会社の中で大きい成果をかかげるよりも副業の方で成功を考えること

 

自分にとってさほど重要ではないこと

これは、目標の重要度を下げることが大事です。目標に固執しすぎるのはあまりよくありません。

沢山の時間やお金を使ったりして目標を達成するのは、現実的に難しいことが多い

 

具体的すぎないこと

目標が具体的すぎると自分の可能性から目を逸らしてしまう傾向にあります。具体的過ぎでない、抽象的に目標考えることです。

 

目標同士が矛盾しないこと

英語を勉強したい、旅行も行きたい、会社で出世したいという目標がある場合、目標同士がぶつかっていますよね。なので、最終の目標が線で繋がるようにすることです。

 

最終的に目指すべきところがお金じゃないこと

お金を目標にするとズルをしがちです。数字として結果が出なかった時に、自分のやった努力が無駄に見えてきてしまいます。

 

目標設定は漠然と決める

 

最初の議題の目標は漠然と決めた方がいい理由についてお伝えします。

具体的なプロセスを明確化することはいいことなのです。ただ、目標を立てる意味って、モチベーションを保つことが結構大事になってきますよね。

大きな目標は、失敗の元になるし利益も損なうしモチベーションも破壊し人間を悪の道にいくそうです。

 

曖昧な目標はモチベーションが上がる

曖昧な目標数値と具体的な目標数値だとどちらがモチベーションが高くなるか。結論、人間は曖昧な目標な方がモチベーションが上がります。

曖昧な目標の方が自分にあった、マイペースな目標を設定できるからです。

曖昧な目標の場合、失敗した時や挫折しそうになった時にダメージが軽減されて、結果的に長期的な目標の場合モチベーションアップに繋がります。

長期的な目標の場合は、数値に幅を持たせる方がモチベーションに繋がるということです。

例えば、

 

たけち
たけち
今月3kg減らす!というよりかは3〜4kg減ったらいいな

今月15冊本を読む!よりも夏までに30冊読む

 

短期目標の場合は行動が優先

短期目標は、具体的で行動がすぐできる方がいいです。短期の目標しかない場合は、簡単に誘惑に負けてしまいますので、長期目標も立てるべきです。

 

長期目標の場合は曖昧な目標設定をする

モチベーションを高めることが大事なので曖昧な目標の方がいいです。

 

短期の目標は、すぐ行動できるように具体化すること
長期の目標は、モチベーションを考え幅を持たせること

 

目標設定はどうやって立てるの?

 

僕も皆さんも、去年の目標は達成できず挫折して忘れていると思います。達成できていれば、覚えていると思います。

業績が低い企業ほどでかい目標を立てるケースが多いですけど、人も一緒で調子悪い時ほど高い目標をたてがちです。

例えば、「正月が終わったらダイエットするために1.5倍運動しよう!」とか。

このことから読み取れるのは、正月には一切運動していないということですよね。

 

去年の未達成の目標は修正・再定義する

去年と同じ目標は、絶対にやめることです。達成できなかった目標は、修正するか再定義・再解釈しましょう。

過去に失敗したものを目標にすると無意識にストレスになってしまいます。ストレスによってモチベーションが上がらなくなります。その目標を達成した先のことを考えてみてください。

 

禁止目標はやめること

禁止目標や否定の目標はやめることです。

チョコレートは食べないなど否定ですね。この場合はチョコレートの代わりにナッツを食べるなど。

違うもので代替することです。

  1. 長期目標を立てること
  2. やめる目標ではなく、やる目標に変えること
  3. 失敗から立ち直れた回数を数えること

 

まとめ

 

モチベーション・やる気を保つためには、嘘でもいいから前に進んでいる感覚を作ること大事です。

大したことがない前進でも後々大きな自信やモチベーションに変わってきます。なので、小さいことをこつこつやっていきましょう。

自分が前に進んでいるという感覚を作り出す唯一の方法が記録です。ちゃんと日々書き残すことが大事です。僕は今年2019年から人生で初めて手帳を買いました。

 

【挫折を乗り越える方法】失敗経験から学び、チャンスに変えた方法こんにちは! たけち(@takechi0318)です〜! 今回は、「失敗経験から学び、チャンスに変えた方法」を簡単にお伝えできればと思...

 

以上でこの記事は終わりです。
目標設定を改めてしてみてはいかがでしょうか。

では、またどこかでお会いしましょう!!
ご相談や質問等はFB・Twitterにてお待ちしております。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ABOUT ME
たけち
新卒で入った会社を10ヶ月で辞めてフリーランスの道へ。 ちょっとだけ社会に役立つ情報や僕の考え、幸せを創造していきます。 自由気ままに綴っている雑記ブログを運営中。 ご依頼は「初めて訪問された方へ」まで