役立つ情報

【要必読!】お金に関する知識を紹介!得する人と損する人の違い

こんにちは! たけち(@takechi0318)です〜!
今回は、「お金に関する知識を紹介!得する人と損する人の違い」について書いていこうと思います。

皆さんは、

「お金は好きですか?お金は嫌いですか?」

「お金は何だと思いますか?」

「お金で得したいですか?」

人それぞの価値観はあるかと思いますが、日本人は特にお金について考える機会が少ないです。

今回は、得する人と損する人というテーマで

  • お金で得する人と損する人の特徴
  • お金の正しい使い方
  • お金で大切なこと

の順番にご紹介していきます。

3分くらいで読めますし、自己分析に対する考えが劇的に改善される可能性が高いので、まずはご一読ください!

 

お金の考え方と知識

前提として、 お金を稼いでいくと幸福度が上がっていくことは間違いのない事実です。
お金があると、できることは増え、買いたいものを買えるようになります。

なので、“人生の選択肢”を増やしてくれるのが「お金」です。

でも、お金の付き合い方をわかっていない人が多すぎます。

お金をたくさん稼げば稼ぐほど、幸福度は上がっていくけれど、ある一定のラインで幸福度は横ばいになってきます。

収入が増えるにつれて、人は孤独を愛するようになり、1人の時間が欲しくなってきます。
それゆえ人と一緒にするアクティビティをしなくなります。

このことによりお金より幸福度を与えてくれる人間関係が疎かになります。

僕が気をつけているのは、自分に使う浪費のお金は最小限にとどめ、人付き合いにお金をかけるように意識しています。

幸福度を与えてくれる人間関係とお金。

どちらも大事ですがどのように捉えるかが大事です。お金は、物を買うときに使うツールであると僕は認識しています。

 

お金を扱うふたつの種類の人間

  1. お金で得する人は、お金が与えてくれる価値をしっかりわかっている人
  2. お金で損する人は、お金自体に価値があると認識している人

お金が与えてくれる価値をしっかり考えている人は、“お金に縛られない人生”を歩んでいます。

その一方、お金自体に価値をあると思ってる人は、“お金を集めること“に必死です。

お金を使って何をしたいのか、何を得たいのかを考えてみる

 

人の意思決定の心理

大きな買い物をするときは、意思決定が甘くなることは皆さんもご存知の通りだと思います。

例えば、旅行に行く時に旅行会社を通すと金額が高いのにも関わらず、

  • 航空券が高い
  • 手続きが面倒くさい
  • 付属でコストをかかってしまう

と思いつつ、旅行会社を通して申し込んでしまうケースです。

ちなみに、格安航空券をサイトを使わず取る方法は飛行機の1年の金額のグラフを調べると、一定の時期になると下がることがわかります。

自分が旅行に行く3ヶ月前、半年、8ヶ月前が航空券が安いです。

格安航空券を探す時間よりも本当に使うべき時間は、どこに行こうかやスケジュールを考えるほうが幸せになります。



お金に対する判断を間違わないためには?

どのようなものにお金を今、自分は使っているのかを認識しましょう。

僕自身は、毎日家計簿をつけてその月に何に一番お金を使っているかをまとめています。

1ヶ月で何にどれくらい使っているのかがわかるだけで、浪費しているものや削れるものが見えてきます。交通費や食費など節約すれば、1年でだいぶ変わってきますよね。

  1. 人間のお金に対する心理を学ぶこと
  2. 損する人の特徴と防ぐ方法を知ること
  3. お金の使い方を間違っていることを認識すること

僕も使っているのが、フリーランスの請求書を現金化【FREENANCE】 です!

 

お金の使い方が下手で損する人の特徴

まず、部屋が汚い人ほどお金の使い方もなってない印象です。そして、奮発してお金を使う癖のある人も要注意です。

  1. お金の使い方が下手な人ほど家がちらかる
  2. 娯楽や海外、夏の時期に奮発してお金を使う(贅沢費であるという認識がない)
  3. 大きな出費の削減ではなく、スーパーの10円、20円の割引に固執する

スーパーの10円、20円の割引に固執している主婦の方をよく見かけますが、時間が本当にもったいないです。

それよりも、もっと大きな買い物を減らしたり、節約したりする方が良いと思います。
こういった
お金に縛られてる人は、合理的な判断ができなくなっています。

解決策は、事前に奮発してお金を使う日を改めて決めておくことです。

 

お金の考え方で大切なこと

人は、得をしたいよりも損をしたくない気持ちの方が強いからこそチャンスを逃す傾向にあります。

人によってお金の見え方・使い方は違ってくるので、お金を使うときに「それって本当に楽しいもなのかどうか」を基準に考えてみるのもありなのではないでしょうか。

行動する前に考えること

  • 商売をしている人で何かを売りたい時は、相手の損をする気持ちに訴えかけること
  • 何か買いたいと思った時は、損をするんじゃないかと自分の気持ちに訴えかけられていること

お金は、人生を豊かにしてくれるツールに過ぎません。

生きていく上で最低限の生活水準を得られれば人間は生きていけます。
お金を求めすぎて、周りの信用を失わないようにして欲しいと思います。

 

以上でこの記事は終わりです。
改めてお金の認識を考えて見てはどうでしょうか。

では、またどこかでお会いしましょう!!
ご相談や質問等はFB・Twitterにてお待ちしております。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ABOUT ME
たけち
新卒で入った会社を10ヶ月で辞めてフリーランスの道へ。 ちょっとだけ社会に役立つ情報や僕の考え、幸せを創造していきます。 自由気ままに綴っている雑記ブログを運営中。 ご依頼は「初めて訪問された方へ」まで
クラウドソーシング「ランサーズ」
クラウドソーシング「ランサーズ」