役立つ情報

目標達成できる計画の立て方 できなかったことをできるようにするコツ

こんにちは!たけち(@takechi0318)です〜!
今回は、「目標達成できる計画の立て方 できなかったことをできるようにするコツ」を簡単にお伝えできればと思います。

「今ままでやったことがないことに挑戦する時は、成功するイメージをしましょう!」
という話を耳にします。

たけち
たけち
何かをできるようにしたいときは、イメージトレーニングがめちゃくちゃ大事だと聞いたことがありますよね。

でも正直それ意味がないと思うんです。マインドセットであれば、必要だと思いますが実際にできるようになるためのメソッドとして使うのはどうかと思います。

経験したことのないことに対して、挑戦しているのに「成功しているイメージ」がつくはずがないんです。

「空想」をイメージしてもできるようにはならないということです。
それよりも自分の過去の経験から基づいた「自分に期待」をした方が、よっぽどできるようになると思います。

なので「空想と期待」を区別しなければいけません。過去の経験から基づかない空想をしても意味がないです。

 

目標達成できる計画のイメージ

 

過去に成功体験がない人や頑張ったことがない人、今まで何もやったことがない人はどうしたらいい?

未来を想像をすることはいいんだけど、目標達成するには、ゴール・結果をイメージするのではなく、過程(プロセス)に焦点を置いて、ビジュアライザーションをすることが重要です。

(ビジュアライゼーションとは、直接見ることのできない事柄や現象、関係性などをイメージすることをいいます。)

受験のときに

・結果発表で受かって喜んでいる自分を想像しよう!

・受かった大学に入学してる自分をイメージしよう

などは全くもって意味がないんです。

 

目標達成できるようにするためのコツ

 

物事をやりきり、継続させてできるようにするために、あらかじめ週に1回程度でルールを破ってもいい日や失敗してもいい日をあえて作ること

ダイエットであれば、1日だけめちゃくちゃ食べる日、受験を控えているのであれば1日何もしない日を作ります。これをすることで、目標達成率が上がります。

なぜなら、ダイエットであれば減量をして行くと基礎代謝が落ちていきますが、1日食べる日を作ると脳を騙して、基礎代謝を落とさずに減量して行くことができます。

受験でいうと1日何もしないからこそ、頭の中でイメージしたことが整理されるからです。

あらかじめ決められた日であること

当日に、決められたものではなく事前に決められた日であることが大事です。

例えば、落ち込む日を週に何曜日にするかを決めておけば、その日以外はマインドが前向きになっています。

落ち込む日の時間、押さえ込みたい感情や欲望をぶちまける日をあらかじめ作って置くと楽です。

それ以外の日に落ち込むことがあって場合、違う日に落ち込むからそれまでは頑張ろうという感情になります。

 

計画の立て方によって目標達成率が変わる

目標を達成するために計画は、事前に必ず立てます。ただ、事前準備の時にゴールを2つ作ることです。プロジェクトやチームが進まなくなったらちゃんと切り替えることです。

具体的に今から2つ紹介します。

タスクフォーカス

まず、目の前のコツコツやる作業に注目するのがタスクフォーカスです。

なかなか仕事の調子が良くない時や思った通りに仕事が上手く行かない時は、こちらをオススメします。上手くいってないのに、長期的なゴールに目を向けても気持ちは下がります。

受験のときに、期末テストですら点数が悪いのに受験のことを考えてもあまりにも目標が遠すぎてモチベーションが落ちるのと一緒です。

不安の時こそ、目の前の作業にしっかり集中します。

タスクフォーカスは「目の前の目標に集中して、短期的な目標を見ること」

 

ゴールフォーカス

結果・ゴールに目を向けるゴールフォーカスです。これは、仕事や計画がうまくいっている時はこちらを使います。

ゴールフォーカスとは「将来の目標を意識して、長期的な目標を見ること」

 

計画倒れしない計画の立て方

 

前方プランニング

目標に向かって時系列順に計画を立てていく方法です。
今月は、どんなことをするのか、来月はどんなことをするのか、月や週ベースでやることを決めていきます。

そして、達成後の半年後にこうなるだろうといった風に計画を立ててくのが前方プランニングです。

 

後方プランニング

半年後にこの結果が欲しいから、3ヶ月までこれをやったり、今月はこれをやるといった感じで逆算して計画するやり方です。

 

まとめ

前方プランニングと広報プランニング、どちらの方が、計画倒れしないのでしょうか?また、目標達成するのでしょうか?

答えは、急な予定の変更や簡単な目標の場合は、どっちでもいいんです。笑

ただ、複雑な目標の場合や期末試験や難しい入り混じった目標などは後方プランニングの方が、モチベーションが上がってプレッシャーも減ってゴール達成率も上がるそうです。

なので、基本的には後方プランニングをオススメします!

心の準備は性格によって違ってきます。

目標に向かってうまくいっている時

今度は失敗するかもと思うタイプの人は、不安と向き合うこと

また上手くいくだろうとなんとかなると思える人は、ポジティブなイメージをすること

【誰でもわかる】成功している人は、ルールの作り方がシンプルこんにちは!たけち(@takechi0318)です〜! 今回は、「成功している人は、ルールの作り方がシンプル」ということを、簡単にお伝...

 

以上でこの記事は終わりです。
改めて計画を立てるときは、再度は見てみてはいかがでしょうか。

では、またどこかでお会いしましょう!!
ご相談や質問等はFB・Twitterにてお待ちしております。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ABOUT ME
たけち
新卒で入った会社を10ヶ月で辞めてフリーランスの道へ。 ちょっとだけ社会に役立つ情報や僕の考え、幸せを創造していきます。 自由気ままに綴っている雑記ブログを運営中。 ご依頼は「初めて訪問された方へ」まで