大学生活

【学生団体必見!】僕が大好きな学生団体の軌跡、ビジョンと人に惹かれた

こんにちは! たけち(@takechi0318)です〜!
今回は「僕が大好きな学生団体の軌跡、ビジョンと人に惹かれた」を簡単にお伝えできればと思います。

「学生団体なんてやっている意味あんのかな?」

「学生団体で得られるものは少ない。」

「ただのパリピの集まりでしょ。」

こんな風に思っている学生も多いのはないでしょうか。

学生団体に所属しているだけで、大学生の友達からは白い目で見られる。そんな経験を僕もしてきました。

でも僕は辞めなくてよかったと思っています。もしそんなお悩みを持っている学生がいるのであれば、学生団体をやり通し石川県の学生コミュニティ代表の観点から解決します。

具体的には

  • 学生団体とは
  • 学生団体とサークルの違い
  • 学生団体の奇跡

昔を思い出し、懐かしい時代に遡ります。

 

学生団体とは

 

学生団体とは、大学生が中心に活動している団体のことです。僕が認識する学生団体は、「社会還元」をしている団体なのではないかなと思います。

学生団体は、それぞれの団体が「理念」や「ビジョン」を持ち、それらを軸にさまざまな活動をしています。その内容は、イベントの開催やボランティア、国際交流などが挙げられます。

学生団体は、団体のために利益を出すというより、公益を出すことを目的とする場合が多いため、団体が大きいほどその影響力も強く、メディアに取り上げられるほどの活躍を見せる団体も存在します。

 

学生団体とサークルとの違い

 

学生団体は、大学生が集まって活動するという点で「サークル」と混同されやすいですが、学生団体とサークルは別物であると言えます。

その違いとして、サークルが「内輪=サークルのメンバー」に向けた活動をおこなうのに対し、学生団体は「外輪=社会」に向けた活動をおこなうことが挙げられます。

外輪=社会とは、学生団体は活動の中で個人、企業、公共団体と、大学外の組織を指します。学生が、社会に向けて何かを主張したり、影響を与えることができるのです。

一方でサークルは、趣旨が趣味の共有や同じ大学の学生どうしの交流であったりと、活動の範囲が大学内に限定される場合が多いです。

また、学生団体は企業のように「団体ホームページ」を持ち、サイトの中で理念や活動内容、活動報告を掲載していることがあります。

 

学生団体の種類

日本にある学生団体の数は、約5,000と言われています。その中でも様々なジャンルがあります。

  1. インターナショナル
  2. キャリア・教育・医療
  3. 食・農業・地域活性
  4. オールジャンル
  5. エンタメ・サークル
  6. フリーペーパー・ウェブメディア
  7. クリエイティブ
  8. ビジネス

 

学生団体の経験

学生団体の経験は、今後の社会で役立つ糧となります 。
僕が所属していた学生団体は石川県で「学生×学生」、「学生×社会人」を対象としたイベントの企画・運営をしている団体に所属していました。

 

学生団体での軌跡

大学2年の4月に高校の同級生に誘われて、g.rappaという団体に入りました。

g.rappaは、学都金沢にて、学生向けのイベントを企画・運営している団体です。そうだ、楽しいことしたい!と思った方へ!【いつかやりたかったことを今やろう】1人じゃできないことも、みんなの力で。過去の活動には、無人島キャンプやスポーツ大会、結婚式場パーティなどを開催しています。

 

衝撃を受けた無人島イベント

 

僕が学生団体というものに入り1番ビックリしたイベントです。
学生だけで「無人島に行く」とイベントを3ヶ月かけて会議を重ね開催しました。

何がビックリしたか。大きく3つあります。

  • 学生の枠を超え視野が広がったこと
  • 様々なスキルに触れられたこと
  • 大学外で志を共にする仲間ができたこと

 

視野が広がったこと

初めて会議に参加した時に思ったことは、、、

「この人達は、本当に大学生か!」

この一言に尽きます。

僕は、学生団体に入る前までの大学1年生の時間をバイトに捧げていました。
そんな普通の大学生が会議に入ると知らない単語や文言が飛び交っていました。

同じ大学生なのに物事を深く考え、イベントを設計している先輩方をみて、僕はこのg.rappaという団体に入りました。

“熱い想い”や楽しそうに活動内容を話す先輩の姿に憧れていました。

先輩方と接すれば接するほど、自分の知らない世界が知れて、視野が広がりました。

 

様々なスキルに触れられたこと

チームで物事の達成のためのチームビルディング力、役割分担をして行動計画として落とし込み周りを巻き込むチームマネジメント力、会議の設計や会計など、僕が知らない単語や技術に触れることとなりました。

本当に様々な気遣いやイベントの目的設計など、今までの価値観の全部がぶち壊されたのを覚えています。

 

スポーツイベントを開催しマネタイズを学ぶ

 

お金の稼ぎ方は、バイトしかないとこの頃は思っていました。

でも学生団体に入り、「どのようにお金を回し、手元に残すのか。」という観点でも見れるようになりました。

例えば、30人規模のスポーツイベントで言えば、

参加費1人:1000円×30人=30,000円

会場費:3,000円(1時間1,000円)

雑費:2,000円

余り25,000円

このようにイベントで収益が出るということに初めて触れました。お金の流れを理解し全体を把握した予算管理は勉強になりました。

 

大学外で志を共にする仲間ができたこと

 

1つのイベントで、こんなにも人が仲良くなるものなのかと衝撃を受けました。
無人島で2泊3日で過ごす中でもお互いの志や活動を活き活きと話す光景が何度も垣間見れました。

また、先輩との繋がりも大きく、いろいろなことを学ぶ機会となり、充実した時間を過ごしていたと思います。

 

大学3年で代表へ就任

 

大学2年で団体へ入り、大学3年で代表に就任することとなりました。

元々は、僕が代表やる予定ではありませんでしたが、この代で新しく就任した代表が2ヶ月で辞めてしまったので急遽代わりに就任しました。

前代表が2ヶ月で辞め、立て続けに辞めていき、残ったのは3人でした。
僕が代表をやらなければ、団体の存続はない状態でした、

今まで先輩方からもらった価値を今後も残していきたいし何より僕は、g.rappaという団体が無くなってしまうことは考えられませんでした。

なので、自ら立候補してg.rappaを存続させる道に進みました。

 

代表として初めてやった無人島イベント

 

毎年、無人島に行くイベントは開催していましたが、代表として、責任者としてイベントをしたのは初めてでした。

マネジメントされる側からマネジメントする側に移ることで、難しいことを実感しました。
イベントの管理、リマインド、担当振り分け、など考えることが大量にありました。

 

木倉町の学生祭りに出店

 

地元の木倉町の学生祭りというイベントのブース出店なども行いました。メンバーとどうしたら1番売り上げがあがるのか真剣に考えたり、時にはふざけたメニューを考案したり、思考錯誤する経験が1番ためになりました。

 

毎年開催スポーツイベント

 

代表になった当初は、集客等で心配な部分もありましたが、メンバーみんなのおかげで「人が集まる空間」を創ることができました。

メンバーも3人から8人に増え、徐々に輪が広がっていく感じはやりがいがありました。

 

数々のありがとう

 

左から、僕、僕が入ったときに面倒を見てくれた当時の代表、僕が入る前の一個前の代表、僕を誘ってくれたメンバー。

この3人がいなければ、僕がフリーランスとして活動することもなく、学生団体に入ってもいなかったと思います。

 

多数のイベントの成功

たくさんのイベントを開催しご縁に恵まれました。こうやって人が集まる場所が好きだし今後も創っていきたいなと感じていた大学生活でした。

 

追いコンほと感動するものはない

g.rappaの追いコンムービー

後輩が動画を最後に創ってくれました。本当にできる後輩に恵まれました。

 

大学生時代に夢中になったことは今に活きる

相手を否定することから「適切な相互フィードバック」へ

どうしても代表や幹部、歳を重ねるに連れてできることも増えてきますが、後輩からの期待やマネジメント側に回らないことが増えると思います。

でもそこで後輩の面倒が見れて、後輩の成長を見ると団体を続けていて良かったと必ず思えます。

今、学生団体に入っていて悩んでいるのであれば、それはその場の悩みにすぎません。悩みを通り抜けた先には最高の瞬間が待っています。

 

【見逃せない!】今すぐ50人集めれるようになる!圧倒的集客力の付け方こんにちは! たけち(@takechi0318)です〜! 今回は「今すぐ50人集めれるようになる!圧倒的集客力の付け方」を簡単にお伝え...

 

以上でこの記事は終わりです。
学生団体に入っていて僕は本当に救われました。是非自分の活動に自信を持って今後も続けていってください。

では、またどこかでお会いしましょう!!
ご相談や質問等はFB・Twitterにてお待ちしております。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ABOUT ME
たけち
新卒で入った会社を10ヶ月で辞めてフリーランスの道へ。 ちょっとだけ社会に役立つ情報や僕の考え、幸せを創造していきます。 自由気ままに綴っている雑記ブログを運営中。 ご依頼は「初めて訪問された方へ」まで