雑記

【12/21(金)TAKUYA生誕祭男祭り】UVERworldから受け取ったバトン!3万個のキン◯マが集まった!

こんにちは! たけち(@takechi0318)です〜!
今回は、「UVERworldから受け取ったバトン!3万個のキン◯マが集まった!」を簡単にお伝えできればと思います。

今回は、初のUVERworldライブレポートと僕が受け取ったバトンについてお話できればと思います。

 

UVERworldとは

 

UVERworldは、滋賀県出身の6人組ロックバンドで全員が幼馴染や先輩後輩という昔からの付き合いのあるメンバーで構成されています。

デビュー前からデビュー後しばらくまでは、メンバー全員で一軒家に住むというほど仲の良さだそうです。

その為ライブなどでも息のぴったりな演奏が魅力のひとつのでもあります。

 

UVERworldはライブに特化したロックバンド

UVERworldは、テレビやメディアに出る機会はほとんどありません。実際にライブに来てくれるファンをすごく大事にするバンドです。

「ファンですらライブに来れない人もいるのにファンじゃない人のためにテレビやフェスに出るくらいなら好きだと言ってくれている人達のためにライブをしていたい」TAKUYA∞は仰ったそうです。

たけち
たけち
かっこよすぎる!こんなかっこいいバンドは他にはない!

 

UVERworldとの出会い

UVERworldとの出会いは、小学校6年生の頃です。激動という曲を聞いてハマりました。そこからは、アニメのBLEACHの主題歌にハマり、今までずっとUVERworldにのめり込んでいます。

UVERworldのボーカルのTAKUYA∞は、滋賀県草津市出身で実は地元が一緒なんです。あのTAKUYA∞と幼稚園・小学校が一緒ということを中学3年生のころに気づき、より親近感が増し好きになったのを覚えています。

 

UVERworldのライブに行った数々

僕が初めていったライブは、2014/07/05 京セラドーム大阪でした。盛り上がりと圧巻のパフォーマンスが衝撃でした。

 

2014/07/05@京セラドーム大阪京セラドーム大阪

 

2015/08/12@山梨県立県民コラニー文化ホール

 

2015/11/28@サンドーム福井

 

2016/08/28@富山市芸術文化ホール オーバード・ホール

 

2017/12/20@横浜アリーナ

 

2018/12/21@横浜アリーナ

 

UVERworldのライブから得たもの

山梨でのライブでは、爆発的な歓声に、これマジ2,000人程ですか?って圧倒されたのを覚えています。しかも、席はど真ん中でステージまで20mという距離。

映像や照明もすっげー綺麗で、会場の熱狂と言い、ホント激アツな空間でした。

 

サンドーム福井のライブでは、激動を歌ったのは激アツで、初めて好きになった曲をライブで聴けることって幸せだなあと感じました。

福井のセットリストは、昔ながらの激動やシャルマンのウラ、心とココロなど本当に好きだった懐かしい曲ばかりで、自分の小学生時代や中学生時代を思い出しました。

 

恒例の真太郎のMCが最高

「みなさん、グローブ持ってきましたか、ここ野球するところなんですよ――僕はグローブ忘れました。バットとボール2個しか持って来ませんでした。女性はちゃんとキャッチャーミット持って来てますよね、縦に構えた……」

すると、TAKUYA∞が「そのバットもボールも出させねえからな!」とツッコミを入れる。という最高の雰囲気です。笑

 

「改めまして、UVERworldでーーーーす!」「え~楽しんでますか?福井の皆さん? 」

「いつの間にか冬支度になってきて福井県を温めにきたUVERworldです」

「あのーここの会場とお客さんが熱くて脱いじゃった」

「ここは福井コン〇ームって。。。 失礼(笑)」 「福井サンドームって言う素敵な会場で外から見た感じはおっ○いという感じですね(笑)」

 「あのーデビュー10年目にしてようやくやっと福井県でもアリーナでドームで今日ドームって言っていいですか? 」
「将来ドームツアーやる時、福井サンドームも入れるんで」

「10年経ってここまで来ることができてみなさんのおかげで本当にありがとうございます!」

 

京セラドームでのライブの最後の1曲の前の言葉

「4年前の東京ドームでは、俺はテンパりすぎて、みんなに感謝の気持ちを伝えずにステージを下りていった。そんな失敗、もう二度としないと思ってさ。俺たちと一緒に京セラドームの夢を叶えてくれてありがとう。俺たちの音楽を愛してくれてありがとう。最後、最高に笑って終わろうぜ!」

 

心にしみるTAKUYA∞のセリフ

「君達が愛したUVERworldは絶対になくならねぇ」

「オレは強いから、みんなが死んで、見届けてからオレも逝く」

 

UVERworldの魅力

UVERworldのライブの魅力は3つあります。

  1. バツグンの歌唱力
  2. ライブパフォーマンスが凄い!
  3. 熱いMC

 

  • バツグンの歌唱力

TAKUYA∞の透き通る声が心にストレートに刺さってきます。

 

  • ライブパフォーマンスが凄い!

会場全体がとても熱くなり一体感が増し、盛り上がること間違いなしです。
TAKUYA∞自身がライブをとても楽しんでいるからできるこそできることなのです。

UVERworldのライブは、男性限定の「男祭り」、女性限定の「女祭り」という性別で分けているのも特徴的です。

 

  • 熱いMC

 

UVERworld男祭りとは

デビュー当初、ファンの99%が女性で、なんで自分達が作った曲が男性には届かないのだろうと思い、2011年に、「男祭り」という男性限定ライブを始めました。

初めは、300人というキャパシティだったのですが、この男祭りが好評で年々、キャパシティが大きくなっていき、 2017年の男祭りでは、さいたまスーパーアリーナに男性23,000人を動員するほどにもなりました!

UVERworld男祭り2018.12/21(金)の感想

 

今回は、初の男祭りでした。センタースタンディングAでの参戦で、正直こんなに近かったのは初めてです。TAKUYA∞の距離は30cmほど。

男祭りのスタンディングはマジでやばいです。みんな前に行こうとするので、押し倒されたり殴られたりしました。 

男のパワーは、ハンパないなって思いました。本当になめてかかると怪我します。

 

男祭りを楽しむ席

今回初めての男祭りでスタンディングでした。スタンディングは男との戦いです。いかに自分が負けずにたっていられるか。

どこに自分を配置するかで、TAKUYA∞の距離も変わってきます。

僕のオススメは、TAKUYA∞が前にでてくる時の通路で張り付くことです。ここは、手すりをずっと掴んでいれば動かないで済みますしTAKUYA∞が前にでてくる時にグータッチすることも可能です。

 

UVERworldから受け取ったバトン!

 

TAKUYA∞がやったこと

  • 毎日10kmラン
  • グルテンフリー
  • 食事制限
  • 酒年3回
  • 非喫煙者
  • ツアー中に富士山登ったりホノルルでフルマラソン
  • 史上最大規模の23,000人の男祭り
  • 誕生日に1日に2回ライブ(昼は10,000人の女祭り)(夜は15,000人の男祭り)

 

たけち
たけち
普通こんなことする人なんかおらんと思うでしょ?

ここまでファンにカッコいい生き方見せてるアーティストは、俺は知らないです。笑

 

 

僕の価値観や全力でも物事を取り組むこと姿勢は、全てUVERworldから来ています。

ランニングもその一つです。2017年は、ランニングから始まりランニングで終えました。走り始めて、早3年ちょっとで1,000kmに到達しました。

「走り始めた当初は”しんどい”という思いしかありませんでした。走ることは自分との戦いだった気がします。毎回の走る距離は 10kmほどでしたが、積み重ねることでついにここまでの距離になりました。」

  • 痩せたいから(今は少し思う笑)
  • 体力つけたいから(体力は欲しいけど)
  • 就活のネタに(ネタに結果的になった)

と行った目的で、始まったわけではありmせん。

尊敬する人が毎日走っているのに憧れてはじめました。友達とじゃあやってみるかと思い立ったのが事の発端です。

大学1年の9月から走り始めて、大学の課題で忙しい時、団体の活動で悩んだ時、自分の頭の中の整理をできる時間がランニングだったと思います。

自分が何がしたいのかわからず走ってた時期が多い距離は10km。いつも50分で走るのですが、気持ちのUP DOUNが激しい時は、何かと好タイムを叩き出していました。

怪我や仕事で走れない月もあったけど、どれだけ苦しくても絶対に歩かないと決めて、注射まで打ってハーフマラソンに出場したこともありました。無理した中でもハーフマラソン結果は過去1番の記録だったので、それも一つの思い出。

でも、そこは“自分で決めたことをやりきる!”という意地。
バカみたいに年越しに15kmランニングしたり好きな人と走ったり、自分の学生生活を支えてくれたのがランニングと言っても過言ではありmせん。

走ることってほんまに大変。何をやりたいか分からない時に頭をスッキリさせたり、自分を高めたりできる。だから僕は、まだまだ走り続けます。

僕は走ることで、何をやりたいか分からない頭をスッキリさせたり、自分を高めたりできるんだから。

だから、まだまだよろしくどーぞ!

 

https://takechi-rundiary.com/cafe-sowers-beer-night/

 

ABOUT ME
たけち
新卒で入った会社を10ヶ月で辞めてフリーランスの道へ。 ちょっとだけ社会に役立つ情報や僕の考え、幸せを創造していきます。 自由気ままに綴っている雑記ブログを運営中。 ご依頼は「初めて訪問された方へ」まで
クラウドソーシング「ランサーズ」
クラウドソーシング「ランサーズ」